アニメ動画まとめ速報!

baiduanime.com love anime fan!

注目記事ですからっ!

「謝男」作者の板垣恵介→究極の手土産は土下座だ・・・・・(画像あり)

「謝男」作者の板垣恵介→究極の手土産は土下座だ・・・・・(画像あり)

a

1: 2017/06/18(日) 12:03:21.02
漫画『謝男』作者・板垣恵介氏「究極の手土産は土下座だ」
no title

初対面の挨拶、無理なお願い、失敗の謝罪やお世話になったお礼──ビジネスやプライベートの大切なシーンにおいて、手土産は極めて重要だ。
相手の心に必ず残る手土産は何なのか?
『どげせん』『謝男(シャーマン)』などで知られる漫画家の板垣恵介氏が、“究極の手土産”について語る。

* * *

手土産は自分の気持ちを相手に伝えるときに、気持ちに添える「目に見えるモノ」。
だから、相手に気持ちを伝える“究極の手段”としての「土下座」も、まさに「手土産」のひとつだと思いますね。

『謝男』(日本文芸社刊)で描いたのは、高校教師が生徒に「土下座」という手段を使い、世の理を分からせるというストーリー。
本来、教師は生徒の前では圧倒的強者ですよね。
その強者が、弱者であるはずの生徒に向かって土下座する。
ドラマが生まれる。

土下座をテーマにした作品を描こうと思ったのは、自分自身の気づきから。
ある恩人に対して、ギブアンドテイクの「テイク」ばかりが多くなって、本能的に心苦しく感じるようになった時期がありました。
どうやったらそこから解放されるのかと思案したとき「この人の足元にひれ伏したら気持ちが楽になるだろうな」と感じたんです。
そこから、〈謝りたいと感じる〉その気持ちこそ〈感謝〉ではないか、と思い至ったんですよ。

自分は他人に土下座したことはないけど、されたことが2度あります。
それも、同じ編集者に2度。
思い返せば、これが「最強の手土産」だったかもしれない。
だって、10年経ってもその情景がまざまざと思い出せるんですから

https://www.news-postseven.com/archives/20170618_563386.html

3: 2017/06/18(日) 12:06:48.67
なんか2タイトルあるよねコレ
1-3巻のやつは読んだな、割と面白かった感

4: 2017/06/18(日) 12:11:18.45
>>3
原作として関わってたどげせんの作画担当とは喧嘩別れした
で、板垣本人が書いてるのがこれ

続きを読む

-注目記事ですからっ!

×